eyecatch-ill-02

Illustrator CC 2014の怖いライオンをオリジナルのヴィーナスに変えてみる

Illustrator
夜中に見るのはちょっと避けたいあのライオン

先日リリースされたIllustrator CC 2014ですが、起動時に表示されるスプラッシュスクリーンが怖いということでしばらく話題になりましたね。
このライオン、作品としては良いものなんだと思うのですが、私もちょっと苦手な部類のアートワークです…
(起動時間も短くなっているのでまじまじ見つめることもないのですが、ずっと見てると鳥肌がたってきますw)

私はIllustrator10のころからのユーザなのですが、スプラッシュスクリーンから女神が消えた今でも、やっぱり「Illustratorといえばヴィーナス」のイメージが強く残っています。
TwitterのTLでも、スプラッシュスクリーンを好きな画像と差し替えたりしてカスタマイズしている方を散見したので、調子に乗って私も遊んで2種作ってみました。

1番目のヴィーナスさんはIllustrator25周年記念の時に趣味でさくっと描いたもの。
2番目のヴィーナスさんはみんめプロジェクトで加工名刺を作った際に、裏面に使うイラスト用に描いたものです。

遊びで作ったものなので実際に設定したりすることなく作ったまま放っといたのですが、なんだか実際にこれをスプラッシュに使っている方がいらしたり、「使いたいのでデータください」とお声がけ頂いたりする機会がありましたので、せっかくですし今回はスプラッシュ用の画像を配布致します。

オリジナルスプラッシュスクリーンの設定方法

設定については上記記事が参考になると思いますので、ここでは割愛します。
どうやらもともと入っているpngを差し替えるだけのようですので、作業自体はそんなに難しく無さそうですね。

ヴィーナススプラッシュスクリーンのDLはこちらから

25周年記念ヴィーナスイラストver
hamko02_ai_cc_splash

ちびヴィーナスイラストver
hamko01_ai_cc_splash

Twitterで公開したものとは少し体裁を変えてあります(枠からはみ出た表現などをしてましたが、フレーム内に収まるようにしました)。
一応Retina用のファイルも入れてあります。

私自身はスプラッシュを変更していないので、どちらも動作は未確認です
基本的に推奨された行為では無いと思いますので、ご利用は自己責任で。
何かトラブルがあっても私の方では一切責任はとりません。
だからといって「なんか設定したらおかしくなったよ!」とかAdobeさんに文句言わないように。
あくまで個人利用の範囲内でお願いいたします。
あと、ヴィーナスのイラスト部分の流用改変・再配布・転載などなどはすべてお断りです。

とりあえず、「あのライオン怖すぎるし変えたいんだけど、代わりになる画像もなくて困ってるよー」って方に使って頂ければと思います。
Illustratorユーザの皆さんなら自分で好きなものを作れちゃう気もいたしますが(ΦωΦ*)

ここでもあのライオンに会えるよ

余談ですが、AdobeのIllustratorページに行ってもあのライオンさんに会うことができます。

なんかもう、ここまでくると「拒否ってないで慣れたほうがいい」気もしてきますね…(^_^;)
拡大表示されてるライオンのイラストを見て、可変線幅にブレンド適用しながら描いてるのかなー、なんて邪推をしてみたり。

でもやっぱり、シンボルとしての女神は復活させてほしい!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です